フレンチブルドッグ、パグ、柴、仔犬販売ブリーダー
 
日本一健康なフレンチブルドッグを目指します   (マダム ケイコ ケネル)
 


Show by Sep/29/2010

パグのペコーチャン、小次郎に喰われる? (ペコーチャン物語 その3)

 父ちゃんのブログ、

 ひたすら逃げ回る、ケント(ペコーチャン物語 その2)
 

 を、ぜひ先に見てください。

 ねぇ、うちの爺ちゃんと コジロー爺ちゃんは どっちが偉いの?

 ねぇったら、ネー 教えてよ、

 ペコーチャンは なんにでも興味があるみたいだけど

 何でも比べるのは 良くないことだよ、

 どっちも えらいんだよ、





 フーン 本当はコタロー爺ちゃんのほうが 偉いんでしょ!

 だって さっき 兄さんて呼んでたよ、

 ウ~ル~サーイ、それ以上ゴチャゴチャ言うと

 頭から喰っちまうぞー うまそーだナー、
 
 エ・エ・エッ、やめてよーーー





 ヤイ、コジローじじい!

 ボディーガード 連れてきたから負けないぞ

 ケントは 強いんだからね、





 悪い奴がいるから やっつけてくれって、

 小次郎父さんの事だったのか、・・・・

 ウーン 本当に美味そうな子だなー

 さて、どっから、食べようか、

 ケント 待ってよー、

 私 食べられちゃうよ、

 ホッペの辺りをペロペロしてるよーーー

    ----------------------------------------

 おしゃまで 元気で 少しキカン坊になってきた ペコーチャン、

 庭を 縦横無尽に飛び回っては、

 みんなにチョッカイをだして歩いていますが

 今日のターゲットは ケントの父犬 

 フレンチブルドッグの小次郎でした、

 人間の子供も 3歳までに 基礎的なことがインプットされ

 その数年後には YES、NO を しっかり覚え込むようですね、

 DNA とは、直接関係無しの話です、

 幼児教育は 優しく、時に厳しく 難しい場合もありますが

 それは 育てる親の、精神環境が

 整っていないから かもしれません

 それにしても 小次郎じいちゃんは 

 ペコーチャンを ちゃんと教育しているようですし、

 ケントは 必要以上のアドバイスを しないようにしているので

 ペコーチャンの教育は 先輩犬達に

 任せておいていい様ですね、


 最後まで見ていただき ありがとうございます

 ブログのランキングに参加しています

 ポチ、ポチ、ポチッと クリック お願いします

 にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ   人気ブログランキングへ        










Aug.29.2010(Sun)01:38 | Trackback(0) | Comment(0) | フレンチ-ブルドッグ | Admin


(1/1page)