フレンチブルドッグ、パグ、柴、仔犬販売ブリーダー
 
日本一健康なフレンチブルドッグを目指します   (マダム ケイコ ケネル)
 


ワクチンについて ・仔犬情報からの *お知らせ*

 かなり昔、 私がまだ子供だった頃にも、

 そして 20年くらい前にもあった出来事です。

 北海道の 半数以上の犬が 亡くなったという話を聞きました。

 実際に 鼻水をたらし、動けずケイレンしていた犬を

 何匹か見ましたが、多分 ジステンパーだったろうと思います。


 ワクチンとは、感染症を予防するために免疫をつくる物質で、

 それを体内に入れることで、感染症に負けない体にするための

 大切な予防方法なのです。

 犬だけではなく 人間も「今年の風邪は○○○型なので、ワクチンを」

 といった 予防策をとっていますよね、


 無菌状態で生まれた子犬が 最初に受け取るワクチンは

 初乳と言います、 母犬のお乳の中に含まれている大切な物質ですが

 出産してから 3日間くらいしか ワクチン入りの母乳が出ないのは

 人間とよく似ています。もしも 母乳が出なかったとしたらー

 ブリーダーとしては 当然、そのための準備をしておきますが

 初乳として販売されている品を 用意すると共に 

 同時期に 出産した犬を持っている飼い主と 連絡を取り合い

 助けを求めるなども、考えられますね、


 生後45日を過ぎた頃 病院でワクチンを接種しますが

 母乳から受け取ったものは 1カ月位しか効果がありません、

 獣医さんは 体力的には、45日を過ぎた頃でなければ

 薦められないと言いますから、この間の15日位、

 生後30日~45日の ワクチンの効果が弱まる時期には、

 特別に注意が必要です。



 75日頃に もう一度 8種又は9種混合のワクチンを打ちますが

 元気のいい子犬でも 少しおとなしくなったりしますが

 顔が むくんできた様に見えたときには

 副作用を起こしていますから 急いで 病院で処置をしてもらいます


 ワクチンを打った後は すぐに病院から離れずに

 1時間位は 近くにいて 様子を見たほうが いいんです。

 又、ワクチン接種しても 効果が出るのは 10日位後になります。


 当犬舎も、75日を過ぎた販売犬を車に乗せて

 ワクチンを打ちに行って来ました。

 あと10日くらいしてから、庭のサークルで運動しながら

 おとな犬から いろいろなルールを学び始め

 一緒に 遊んでもらう事となります。






Oct.31.2008(Fri)01:59 | Trackback(0) | Comment(0) | 仔犬情報 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)