フレンチブルドッグ、パグ、柴、仔犬販売ブリーダー
 
日本一健康なフレンチブルドッグを目指します   (マダム ケイコ ケネル)
 


育ての親 * フレンチブルドッグの赤ちゃん *

 生後32日目の赤ちゃん


 4月23日に誕生した トーラの娘は

 帝王切開で この世に出てきましたが

 当犬舎では フレンチブルドッグに限らず

 パグ犬でも 50%位は帝王切開をします、

 仔犬の安全と、何より母犬の健康と回復の早さが魅力なんです

 その逆に大変なのは 育ての親となる 犬舎の母、

 2時間おきの授乳の為には 母犬の横に寝袋を置いて

 哺乳瓶で赤ちゃんへのミルクを、20日以上は

 続けなければならないんです、

 誕生してすぐに飲ませるミルクは 

 オーストラリア・羊の初乳から 免疫をいただくんですが

 人間と同様で 3日以内にはしっかり飲ませるようにするんです

 帝王切開で誕生させるには そのような苦労があるので

 しっかりとした計画性が 必要となりますが

 今回の赤ちゃんの父犬 トーラも、

 ケリーから 帝王切開にて産まれました、

 両犬とも 心身ともに健康優良犬です、

 交配 出産を、何度も繰り返すのは

 母犬にとって 大変な負担になりますので

 子孫を ねずみ算的に増やす事は 出来ないのです



 最後まで見ていただき ありがとうございます

 ブログのランキングに参加しています

 ポチ、ポチ、ポチッと クリック お願いします

 にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ   人気ブログランキングへ        




 

 



Jun.11.2011(Sat)00:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 仔犬情報 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)