フレンチブルドッグ、パグ、柴、仔犬販売ブリーダー
 
日本一健康なフレンチブルドッグを目指します   (マダム ケイコ ケネル)
 


歩き方の練習 * フレンチブルドッグのミルクと孫 *

 よく来てくれたね、元気だったの?

 はい、ご飯をモリモリ食べて 水もガブガブ飲んで、大きくなりました

 そーかい、お父さんやお母さんの言う事は しっかり守ってるの?

 はい、おトイレやお留守番もできるようになりました

 今日はミルバさんに 歩き方を教わろうと思って楽しみにしてきたんです

 頼りにしてくれるなんて なんと可愛い子だろう

 嬉しいねぇ、いいよ、いいよ、教えてあげるよ

     ---------------------------------------------------------

 久しぶりに と言っても3週間ぶりでしょうか

 里帰りしてくれたのはアンズの娘です 
 
 一応の目的は、これから一般道を散歩する予定なので

 そのためのトレーニングなんですけど、確かに 土、砂、草の上

 アスファルト、石畳など 足裏(マウス)や爪の使い方が変わりますから

 練習は必要なんです

 家の中で 走り回っている様子を見ていて、

 運動させてあげたいので 外で思いっきり と、考えがちですが 

 その前に 歩き方を教わるのは大切かも知れませんね

 カーペットの上と石の上では 足裏と爪の使い方が違いますからね

 ショックの違いは歴然としていますから 関節を痛めないためにも

 ゆっくり歩きから練習ですよね、

 ちょっと 大げさですか?






 石は硬くてショックが強いので

 足首やひざ関節を 柔らかく使うのがコツなんだよ

 私たちの足裏は 車のタイヤの様な溝があってね

 それが一方向に向いているので、それを上手に使うと

 歩いたり走ったり そして止まる事も、しやすいんだよ

 でも 石やアスファルトの上には砂やごみが乗っかっているので

 予想外に滑ってしまうことがあるから 慎重に歩く必要があるよ

 解かった? はーい、 

 じゃあ 私の真似をして歩き始めてごらん、はーい、 






 えっと、進行方向をしっかり見て

 右手と右足を一緒に出して と、それから

 手のひらの方から着いて 指先でしっかり石をつかむように

 えーと・・・・分解すると すごく難しいことをしてる気がするんだけど

 歩く事って こんなに考えなくちゃならないのかなぁ・・・・

 あら、なにか 感じが解かってきたような気が するような、

 こんな風かな? 確かに 砂の上とは違うし

 土の上とも 全然違う!

     ---------------------------------------------------------

 6か月歳から1歳を過ぎる頃までの間に

 膝蓋骨亜脱臼(シツガイコツアダッキュウ)と聞くと

 ちょっとびっくりしますが、急成長期に人間でもありがちな事です

 チョッピリ脚を引きずって歩いたりして 心配させますが

 しばらく安静にすると 治ってしまいます

 しかし 年配になってから、あの時の怪我が と、反省するのは

 我々人間と同様なんです

 元気な年寄り犬になる為にも、歩き方の基本をマスターして下さいね



 ● ホームページは こちらです、
 ホームページから入ると 楽しい記事が満載です



 ● 犬舎案内(父ちゃんのブログ)も ご覧ください   




 最後まで見ていただき ありがとうございます

 ブログのランキングに参加しています

 ポチッ、ポチッ、ポチッと クリック お願いします


  にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
  にほんブログ村
  
  人気ブログランキングへ  
  
  



  



Aug.28.2016(Sun)00:14 | Trackback(0) | Comment(0) | フレンチ-ブルドッグ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)