フレンチブルドッグ、パグ、柴、仔犬販売ブリーダー
 
日本一健康なフレンチブルドッグを目指します   (マダム ケイコ ケネル)
 


Show by Dec/12/2007

1歳の誕生日を迎えて-(1)回想 ・フレンチブルドッグのトーラ

 父犬の名前は アンダーソン、日本名は 小次郎です。

 アメリカ・フレンチブルドッグの 一時代を築いたスモーキーバレー犬舎、

 コックス、バンドッグ、アイビーロードの血を受け継いで、あばら骨が、
  
 太く大きく、そして筋肉が硬い ショートボディーが 特徴です。

 1歳ころの小次郎は 脚が長めに見えましたが、2才近くなると

 胸が低くなり 全体のプロポーションが整ってきました。

 ドッグショーは、2004年アジアインターナショナルにて 

 名ハンドラー 花房氏のリードのもと、歩様のリズムとテンポの

 素晴らしいショーを展開したのを機に 引退しました

 その後は 犬舎のまとめ役として、重要な役割をしながら

 トーラの父親と なったのです。

 3年前を思い出して、スタンダップポジションを とってみました。

 現在13、5kg、現役時代より、僅かふくよかになっています。






 母犬の桂里(ケリー)の本名は、キャンディーキッス、

 なんと可愛い名前ーと思いきや、小次郎、武蔵、柴犬たちさえも 

 逆らえない程 やんちゃで強いんです。

 親族のほとんどは、アメリカでチャンピオンとなっていますが

 現代アメリカとヨーロッパの 良い所を組み合わせたタイプと

 言える,プロポーションとマスクです。

 トーラには、めちゃくちゃ優しいですが、他の仔犬に対しては

 とても厳しくて、側に寄せ付けないほど 徹底した親バカぶりです。

 犬に規律正しく、人に対しては甘え上手。

 独占欲が強く 寂しがりやで 可愛さを感じさせる、

 まさに、典型的なフレンチブルドッグといえます。

 今回の出産に当たっては、レントゲンにて 

 1頭のみと 解っていたんですが、

 次回は、2頭以上 産んでね、と毎日、話し合っています。 






 11月11日 午後9時

 昨年の今日、夕方ごろから ケリーが落ち着きません。

 前の日から用意を始めていたのですが 病院に電話をして

 手術の用意をお願いし、準備は総て整いました、陣痛の間隔が遠く

 お父さんにお尻を向け 用意を催促しているーその時の写真です。

 ケリーは、初めての出産なので、慌てていたのでしょう、

 結局 この日は、体温が下がったり上がったりで

 出産は 12日になったのです。

 先生からは、帝王切開の準備は万全で、いつでもオーケーですと

 連絡を戴き ・・・つづきは 明日にいたします。






Nov.12.2007(Mon)08:28 | Trackback(0) | Comment(0) | フレンチ-ブルドッグ | Admin


(1/1page)